音楽に詳しくもなく、記憶力もなく、ファンとしても新米の部類。単なる中毒者の書く個人的メモです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | | ∧top | under∨
10,000 SAMBA!
2008-09-19 Fri 02:09
 15日、横浜赤レンガ倉庫で行われた 10,000 SAMBA! に行ってきました。
 日本ブラジル移民100周年記念のライブです。これまでの100年、これからの100年、100×100で10,000なんだそうです。
 出演はTHE BOOM、GILBERTO GIL、GANGA ZUMBA。
 そしてなんと無料!

 ARABAKI、新木場のWORLD HAPPINESSですっかりGANGA ZUMBAの楽しさにハマッてしまったのです。タダなら行かねば!(しかし、CDも持ってないし、宮沢和史が好きというわけでもなし。ナマで聴いて踊りたいの。)

 整理券配布スタートの10時に着くと、ものすごい人の列。100×100で10,000人集まってほしい、100×5だったらどうしようと思ってた、と宮沢氏が言ってましたが、2万人くらい集まったらしいです。
 THE BOOMファンの方々が多そう。ジルベルト・ジルめあてのブラジルの方々も。THE BOOMの曲は4曲しか知らず、ジルベルト・ジルは名前しか知らない私はちょっと場違い。
 30~40分でなんとか整理券を手にし、近くの遊園地でジェットコースターにのり、1時の開演時間にまた赤レンガへ。

 最初はTHE BOOM。
 3年ぶりのライブだそうで、ファンは集結していたのではないでしょうか。ちょうど近くにコアなファンと思われる集団がいて面白かった(失礼!)です。
 出てきた時のファッションチェックとか、ミヤ~!というコールとか、宮沢氏が汗まみれのTシャツを脱いで会場に投げた時には「それは投げちゃダメ~!」と悲鳴をあげていたり、休憩時間には宮沢氏の歌詞間違いエピソードを語っていたし・・・なんか、親近感?いつもの自分達を見るような(笑)。
 宮沢氏、普通の顔はカッコいいと思うんだけど、顔をゆがめて熱唱してる顔がちと怖い。昔からあんな歌い方だったっけ?
 私の知っている4曲のうちの2曲、「中央線」と「星のラブレター」をやってくれたので嬉しかったです。あまり知らないわりには2曲とも好き。「愛してます 好きにしてよ 君に会いに行くよ」ってフレーズが、今も頭の中でぐるぐる。

 次に、GILBERTO GIL。
 全然知らなかったのですが、すごい!エンターテイナー!最高!
 不思議なダンスで舞台をあっちからこっちまで身軽に動き回る。ものすごく高い声のシャウト(というか奇声?)。客席とコールの掛け合い。
 音楽は、サンバ、ボサノバ、レゲエ風、普通のポップな曲もあり、そうボブ・マーリーの「No Woman No Cry」もやってました。
 なんだかよくわからないけど、すごく迫力があって、そして楽しかったです。

 そして、GANGA ZUMBA。
 これも楽しかった~。ジル、ガンガ・ズンバと踊り通し。
 宮沢氏、GANGA ZUMBAの時は、タンクトップに帽子と決めているのであろうか。しかし、宮沢氏より目がいくのは、クラウディア。かわいいのです。沖縄の掛け声とかいいなぁ。
 「足跡のない道」は日本ブラジル移民100周年を記念して作った曲で、宮沢氏のブラジルへの熱い思いが伝わってきました。彼をここまでブラジルへ駆り立てているものは何なのだろう。ポルトガル語でのMCもしてました。

 最後、出演者全員での「島唄」。
 宮沢氏とジル氏が(日本語で!)歌う島唄、素敵でした。客席は沖縄の手の踊り(?)の波。ちょっと幻想的。
 それにしても、この曲はすごい。何か特別な力を持った曲ですね。

 3時間半のライブで息子はすっかり飽きてしまい、そのかわりにまた観覧車やジェットコースターにのりまくり、食べたいというサーロインステーキを食べさせ、無料のライブだというのに散財しました。


 またしても、長々と田島無関連記事ですみません。
 だってライブが好きなんだもん。田島さん、なるべく早くライブをお願い!
スポンサーサイト
別窓 | 田島以外 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
Nike+ Human Race Mt. Fuji
2008-09-03 Wed 02:03
 皆様、ご無沙汰しています。
 voiceの更新、見事1ヶ月弱続きましたね。夏休み明け、また書いてくれるとうれしいな~。

 さて、体育会系に全く憧憬は抱きませんが、やはり文科系肉体派かな?というワタクシにとって気になっていたイベント、Nike+ Human Race、行ってきました。そう、走ってきました10キロ!

 7月終わりに、ウォーキング+1キロランからはじめて、結局続けて走った最長は8キロ。
 最後まで行くかどうか迷っていたのですが、まぁ、ダメなら歩いてもいいか、と開き直って参加。
 なんとか歩かず走り切ることができました。
 タイムは1:01'19"という、速い人からみたらほぼダブルスコアなのですが、平均を見てみると1:01'22"。
 そう、いかにもランナーという人は少なくて、ノリで来てる若者集団が多かったのよね。歩いている人もたくさんいたし。

 走ってた午前中は本当に良く晴れていてかなり日焼けしてしまいました。しかし、本栖湖はほんとうに美しく、木陰を走っている時は気持ちよくて、また来年も来たいなぁと思いました。来年は長谷川理恵のタイムを目指す?!そうそう、400mリレーの朝原さんも応援に来ていて盛り上がってました。

 start.jpg
 スタートゲート。帰るときに撮ったのでちょっと暗い。
 800人ずつ15ブロックにわけて、時間をずらしてスタート。
 
 red.jpg
 みんながこれを着て走ったTシャツと、完走記念品。
 赤い集団が走っている光景はなかなか壮観(というか怖い)でしたが、焦ってなにもかもクロークに預けてしまったので、写真をとれず。本栖湖もきれいだったんだけど。

 肝心のライブですが、次の日から学校ということもあり、一番見たかったサンボマスターと木村カエラまでは見ることができず、途中で帰りました。残念。聴いたのは、
 HIFANA+KENTARO
 HOME MADE 家族
 bird
まで。
 birdはどピンクのワンピースが素敵でした。キレイな人だねぇ。「SOULS」がとてもよかったです。
 HOME MADE 家族は、ヒップホップな人たちでしたが、ポップで聴きやすかったです。メンバー全員、午前中に一緒にレースで走ったそうで、会場と一体感が生まれていました。
 やはり会場みんな疲れているからか、ゆるい雰囲気でしたねぇ。サンボはどうだったのかしら。
別窓 | 田島以外 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
いろいろ
2008-07-21 Mon 20:41
 最近目にしたこといろいろ。

■忌野清志郎、ガン再発
 http://www.kiyoshiro.co.jp/news/index.html
 熱心なファンではないのだけれど、ARABAKIで完全復活な姿を見せてくれただけに、非常にショック。完治を祈ります。

■スカパラ冷牟田竜之バンドを脱退
 http://www.tokyoska.net/news/080717_01.html
 これまた熱心なファンではないのだけれど、スカパラの中で冷牟田さんの生み出す緊張感が好きなので、残念です。完治してまたスカパラに戻ってきて欲しい。(あぁぁ、ツアー行っとけばよかった)

■10km完走者限定ライブ
 Nike+ Human Race Mt. Fuji
 10km走ったことないけれど、このイベント無性に魅かれます。木村カエラ以外誰が出演するんでしょう?田島氏出てくれれば、トレーニングして絶対走るのに!
別窓 | 田島以外 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
クリスマスが好きなのは・・・
2007-12-23 Sun 01:20
クリスマスソングが好きだからかもしれません。

 Original Love
 o13.jpg

 ここでクリスマスソングといえば、「X'mas NO HI」なわけですが、「しゃくだから隣の家に入り~」と口ずさむのも物騒なので、おいておきます。
 いや、今日も聴いたんですけど、聴くたびに驚きます。何がどうなってこの歌詞に・・・。


 N.R.B.Q.のクリスマス・ウィッシュ
 

 今年はこれを聴いています。
 N.R.B.Q.についてはほとんど知らない私ですが、タイトル曲の「Christmas wish」が好きで好きで、繰り返し聴いています。かわいくて、どこかせつなくて、ゆる~くて、たまらなくよい曲。
 聴くたびに息子が「ヘタ~!」と笑うブラス四重奏の曲もいい味です。
 そうそう、ヒックスヴィルのお三方も曲解説を書いています。


 WINTER LOUNGE
 
 
 おそらく20年前くらいにラジオで聴いた「♪イエロークリスマス ハッピータ~イム」というフレーズが忘れられず、ずっと探していました。
 ふと先日ググってみたら、あるじゃないですか!YouTubeにも。
 確か5年位前にも検索したはずですが、その頃にはなかったのよね。インターネットの網目は日々細かくなっているのだな、と実感。
 杉真理!ナイアガラ関連で探したこともあったけれど、当たらずとも遠からず。
 判明した興奮のあまり、廃盤のCDをオークションで高値で落としてしまい、ちょっと後悔。

 さて念願の「イエロークリスマス」は、パーティのワクワク感があってやはり好き(PVは恥ずかしすぎてちょっと)。クレジットはAll Starsとなっていて、杉真理ほか、Psy・s、ハイ・ファイ・セットなど大勢で歌ってるのですが、Epoとか飯島真理とか懐かしすぎる~。(飯島真理といえばリン・ミンメイ)初代ピチカートヴォーカルの佐々木麻美子の「それがどうしたの」のセリフがやけに印象的。
 オムニバスでいろんな曲が入ったアルバムですが、全体的にとても80年代。ピチカートの「Kiss, Kiss, Bang! Bang!」も入ってます。


 ザ・ベリー・ベスト・オブ・ユニコーン
 

 クリスマスソングじゃないけれど、年末になると聴きたくなるのが「雪が降る街」。しみじみ。
 先日カラオケで「Maybe Blue」とこの曲を歌ってきましたが、どっちも歌って気持ちいい曲。


 さて、明日はケーキ焼くぞー!年賀状はどうしよう・・・。
別窓 | 田島以外 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
『BIRDSONG EP』
2007-11-29 Thu 00:13
 BIRDSONG EP-cover BEATS for the party-(初回限定盤)
 
 1. BATUCADA(GOLD MIX)with 川嶋可能
 2. YOU CAN'T HURRY LOVE with 田島貴男
 3. ROXANNE with マボロシ
 4. 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ with □□□(クチロロ)
 5. 月の裏で会いましょう(Let's go to the darkside of the moon) with Free TEMPO
 6. CLUB TROPICANA with YOUR SONG IS GOOD
 7. BATUCADA -バトゥカーダ-
 8. SOULS(Acoustic Live @ oden studio)【BONUS TRACK】


 『DOUBLE CHANCE』ですっかり気にいってしまったので、購入しました。すごくいいです。楽しい!

 「with 田島貴男」の「YOU CAN'T HURRY LOVE」はbirdの日本語訳詞で『キングスロード』的。
 「月の裏で会いましょう」は原曲のキラキラ感を残し、さらに4つ打ちでイケイケな感じです。

 ラテンっぽい曲はぴったりハマってますが、そのほかの曲もおもしろいです。
 「ロクサーヌ」が意外にもカッコイイです。これまでのbirdとはちょっと違う雰囲気。「put on the red light」と連呼するあたりの感じがとても好き。
 
 そうそう、月の裏側の立体画像、ついつい反応してしまいますね。見知らぬ場所もこうして見えてしまうのだなぁ。
別窓 | 田島以外 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 晴れ、ときどき「田島中毒」。 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。