音楽に詳しくもなく、記憶力もなく、ファンとしても新米の部類。単なる中毒者の書く個人的メモです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | | ∧top | under∨
いよいよ本日から
2006-02-27 Mon 01:39
本日の名古屋からスタート。
キングスロード以外では、どの曲をやるんだろう。
セットリストを見つけて予習万全で出かけるか、
それとも新鮮な驚きをとっておくか。
ぜったい後者のほうがいいに決まってます。
今日の夜から、2ちゃん禁止、ブログ検索禁止、ということで望もうと思います。

何を履いて行こうかなぁ。
着るものはなんでもいいとして、靴が問題!
私は背が低いので、高い靴じゃないと埋もれそうなのです。
しかしヒールの靴で何時間も踊りまくれるだろうか・・・。うーん。
AXの1階って傾斜ついてるんでしょうか?

#そうそう、結局、3/10も行くことにしてしまいました・・・。
 自分の暴走を止められません。



昨日シングル「夜行性/アダルト・オンリー」を入手。



もう1曲「接吻」のライブヴァージョンが収録されているのですが、
これがすごくカッコいい。
ジャズっぽいアレンジで、田島の抑えた歌い方がとても新鮮。
スポンサーサイト
別窓 | その他 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
I want you
2006-02-23 Thu 01:44
いよいよ来週からツアーですね。
田島のVOICEはちっとも更新されなくなりましたが、
ベースの鹿島さんの日記によると「オリジナルラヴのリハもあと1日」ということです。

あと1週間何を聴こうかなぁ。
最近のアルバムでは、「ムーンストーン」は何十回と聴いたし、
「街男 街女」も最近そこそこ聴いてるけれど、
「踊る太陽」は実は3回くらいしか聴いてない。
というわけで、「踊る太陽」を聴いてみました。
やっぱり出だしからちょっとついていけない・・・。
「恋の彗星」「美貌の罠」「欲しいのは君」は好き。

「欲しいのは君」にはヤラれました。せつなすぎて心が痛い。
そして、この曲、よく知っていることに気づきました。
But I want you to want me to just like I want you ...
と歌詞が口をついて出てきました。
しかし、マーヴィン・ゲイのじゃないんです。
女性が歌ってるカバーだったような気がします。
すごく暗くて重~いアレンジで、歌はさらっと歌っていたような。
・・・思い出せない。

あまりに気持ち悪いので、CD棚を片っ端から見てきました。

見つけました!なんと ...
I want youの追伸
別窓 | 田島以外 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
なやむ~
2006-02-21 Tue 22:45
昨日のラジオの「ちょっちゅね~」の連発が頭から離れません・・・。
私はホントにこのヘンなオヤジが好きなのか、と自分を疑ってしまう。
いや、音楽がいいんだからいいのだ、と自分に言い聞かせるのでした。

さて悩むのはそんなことじゃなくて、ライブのこと。
私は3/9(木)AXへ行く予定。
なのですが・・・3/10(金)も行こうかどうかすごく悩んでます。
イープラスでみたら、福岡以外はまだ残ってるじゃないですか!

息子預けなきゃならないし、仕事終わってから行くと開演ぎりぎりだし(さすがに2日続けて午後休むわけにもいかず)・・・でも、指定席だったら大丈夫か?2階指定、残りわずかだが、まだある。う~んどうしよう。でも初めてだから1日だけにしようか。いや、やっぱり・・・と、ぐるぐる迷っています。あ~、悩む。
別窓 | その他 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
スガ氏ラジオ
2006-02-21 Tue 04:16
http://pod.j-wave.co.jp/blog/nightstories_mon/
聞きました。ROOTS66特集。

楽屋インタビューは、パパイヤ鈴木、トータス松本、斉藤和義、田島貴男。
ライブ音源は、「バンザイ」、「黄金の月」、「イジメテミタイ」の3曲。

■バンザイ
ウルフルズは特に好きじゃないけれど、これよかったです。最初の「バンザーイ!」だけでもっていかれる感じ。

■黄金の月
うわ~、すごい。シカオワールドに酔いつつ聴いていたところ、いきなりねばっこい声が。田島が歌ったところだけ見事に別の歌!でも、違う世界ながらすごく気になる。もう少し聴いてみたい感じ。

■イジメテミタイ
ちょっと照れの入ってる(?)MCがハズカシイ~。ここでこれを歌っちゃうところがすごいね。
スガ氏コメント: 大阪、会場ドン引きだよー、MC入った時点で。「黄金の月」で盛り上がったところでさー。(ちゃんと聞き取ってないので、一字一句は合ってません。テキトーです。以下同じ)

■田島の衣装について
リスナーからの、田島さんのペリーみたいな衣装がおもしろかったです、との投稿に、シカオちゃん大爆笑。「みんなどんなかっこするかわかんないじゃない。田島さんもはじめカジュアルなかっこで、合うかな、と思ってたら、いきなり船長みたいなかっこだし。」

■楽屋インタビュー
田島、意味不明です。何言ってるのかよくわかりません。「ちょっちゅねー」、「なるへそ」など昭和な言葉を連発。
スガ氏コメント: 田島さんしらふですよ。いきなり「ちょっちゅねー」ですよ。先輩じゃなかったらつっこみ倒したいところです。何言ってるかわかんねえぞ、みたいな。この人ですよ!村田英雄の王将をやろうと言った人は。即却下でした。

楽しそうな感じが伝わってきました。それぞれみんなの立ち位置が決まっていておもしろい。

それにしても、シカオちゃん、ラジオ慣れしてますね。しゃべりがうまい。落ち着いて聞いていられます。
別窓 | ラジオ・テレビ等 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ベリッシマ
2006-02-19 Sun 12:56
ベリッシマ


1. 惑星 (詞:小西康陽 曲:田島貴男)
2. 誘惑について (詞:小西康陽 曲:田島貴男)
3. 聖三角形 (詞:小西康陽 曲:田島貴男)
4. ワールド・スタンダード (詞:小西康陽 曲:高浪慶太郎)
5. カップルズ (詞:小西康陽 曲:高浪慶太郎)
6. 日曜日の印象 (詞 曲:小西康陽)
7. 水泳 (詞:小西康陽 曲:高浪慶太郎)
8. セブンティーン (詞 曲:田島貴男)
9. これは恋ではない (詞 曲:小西康陽)
10. 神の御業 (詞 曲:小西康陽)

「今になって思うと、あれは僕にとってもすごく面白いアルバムでしたね。できあがったばかりの時は嫌で嫌でしょうがなかったですけどね。レコーディングが辛かったのもあるし、なんか全体的に暗い感じがあるでしょ。ただ、僕の歌い方は『ベリッシマ』ですごく変わったんですよ。この頃から歌っていうものを意識し始めてたんですね。前はなんかヘンなニューウェイブみたいな声の出し方してたんですけど。たとえば小西さんに、ファルセットみたいに歌えって言われたり。いきなりため息系のソフトな歌い方をしろと言われても無理なんですよ、肺活量を使うし。だから、辛かったですけどね。そのおかけで、ボーカリストとしての自覚が出たっていうか。」 --- 月刊カドカワ 第12巻第7号(1994.7) p.28



pizzicato five 「Bellissima!」です。これもハマりますねぇ。

ジャケットがすごくおしゃれ。
歌詞カードの裏の田島若い!小西さんも細い!
(私のは再発盤です)

歌い方は、現在の過剰な田島とは対極にあります。
線が細くて中性的なんだけど、すごくセクシー。
今のほうが格段に上手いと思う。でも、これはすごく感じさせるものがありますね。

美しくおしゃれでスローな曲が多いけれど、やはり男の人の世界だなーと感じます。

どれもこれもいい曲ばかりです。私は「2. 誘惑について」が好き。
「すてきさー」の高音にやられてしまいました。

ところで、「5. カップルズ」って田島じゃないように思えるのですが、誰が歌ってるんでしょう?
ご存知の方教えてください。
別窓 | 曲、アルバム他感想 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ヘンシーン!!
2006-02-16 Thu 01:40
ついに買ってしまいました。「変身セット」。5000円。た、高い。
10周年記念企画モノ。CD2枚+VTR。

CD-1「変身」は、通常の「変身」+1曲(X'mas NO HI)。
CD-2「EX-L」は、「XL」-2曲(ハニーフラッシュ、羽毛とピストル)。
VTR「ten years after」は約60分。ライブ映像とインタヴュー。

そう、このビデオが目当てです。
野獣田島です。ロックンロールの瞬間的なエロス。
変化し続ける男です。

ライブ映像は、デビュー前から「L」まで盛りだくさん。
・マッシュルームカットで「ORANGE MECHANIC SUICIDE」
 (映像が荒くてイマイチよくわからないが)
・ネクタイを頭に結んで「大車輪」
・「BODY FRESHER」5連発(フラッパーヘアの田島、カツラかぶってる田島、
 スローアレンジのもの、途中英語の歌詞のものなど)
・全身トイレットペーパー巻きの「インソムニア」
などなど、ヘンな見所多数あり。

ワタシ的には、スーツで「DEEP FRENCH KISS」歌ってるのと、
SEX INSTRUCTORと書かれたTシャツで「サーディンの缶詰」歌ってるのがツボ。
かっこいい~。
別窓 | 曲、アルバム他感想 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
スガシカオのラジオ
2006-02-15 Wed 22:08
J-WAVE night story [mon. スガシカオ] 2/20 24:40-27:00
スペシャル企画「ROOTS 66を振り返る!」
イベントでのスペシャルライブ音源や、楽屋インタビューなど。
http://pod.j-wave.co.jp/blog/nightstories_mon/

もしかすると、スガ、田島のデュエットも聴けるかも!楽しみです。

[情報源:2ちゃんねる]
別窓 | ラジオ・テレビ等 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
JUSTA RADIO完全版
2006-02-15 Wed 07:10
1/22のJUSTA RADIOの完全版がUPされました(Vol. 8)。
http://reco.jfn.co.jp/music/justaradio/index.html

いやー、しゃべるしゃべる。曲なしで30分以上あります。
2人で飲みながら語っているような雰囲気で楽しいです。

田島の声って高いよね。太いのとあの濃さでそんな感じがしないんだけど。
別窓 | ラジオ・テレビ等 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
レオン・ラッセル
2006-02-14 Tue 01:50
「青い鳥」の原曲が聴いてみたいと思い、職場の洋楽好きなおじさんに、
「レオン・ラッセル持ってませんか~?Bluebird ってのが聴きたいんだけど」
と言ったら、ベストを貸してくれました。

レオン・ラッセルの写真に爆笑。ひげと髪が・・・。かなり汚い系。インパクトあり。
思わず「どういうジャンルの人なんですか?」と聞くと、
「う~ん、ロック、かなぁ。南部の」だそうです。
「レオン・ラッセルとは、ずいぶんマイナーな。それもまたなんで Bluebird なの?
レオン・ラッセルっていったら Song for you じゃない?」と言われたので、
「日本語でカバーしてる人がいるんですよ。他にもドアーズのタッチ・ミーとか
日本語で歌ってるんですよ」と答えると、興味を持ったみたい。
うひひ、布教してみよっかな。

借りたベストは見つかりませんでした。Bluebird が入っているオリジナルはこちら。
ひゃはは、ほんとにこの絵のような人です。(もうちっと細くて鋭い感じかな)
Will O' the Wisp


さて、聴いてみました。
うわー、似てるかも。ちょっとねばっこい声が田島に。
曲はビリー・ジョエルにちょっと似ているような。

A Song for you は確かによく知っている曲でした。
何だろう。なんかCMで使われてました?

This Masquerade ってスタンダードかと思っていました。
この人の曲だったんですね。

Delta lady、Stranger in a strange land などけっこう好きかも。

そして、Bluebird にはびっくり。
「青い鳥」は全くおんなじなんです!歌い方も、アレンジもほぼ同じ。
いい曲ですねー。
なぜ田島がこの曲を選んだかよくわかる。
原曲きいてもオリジナル・ラヴっぽいもん。
別窓 | 田島以外 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
築地オーライな息子
2006-02-13 Mon 22:37
久しぶりに「街男 街女」をかけてみたら、
最初の「♪バ~ンドは好調 往来!」でまたしてもギョッとしてしまいました。
しかし、息子はなぜかかなりウケていて、「あのおもしろい歌聴く!」と、
なんども聴くはめに。踊り狂っています。

現在の息子(小1)のベスト3は、
1.おもしろい歌(=築地オーライ)
2.うー、まちのきせきをー(=月の裏で会いましょう)
3.チェスの歌(=ペテン師のうた)
です。

本日の私のベスト3(毎日変更)は、
1.月に静かの海
2.守護天使
3.愛のサーキット
です。

親子ともに、よくわからない選択ですが、
静かの海が見えそうなほど、今日の月は美しいです。



酔っ払いのような声が苦手な「街男 街女」ですが、
久しぶりに聴いたら、そうでもなかった!
沈黙の薔薇~死の誘惑のブルース~赤い街の入り口 あたりけっこういいかも。
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ストーンズへのメッセージ
2006-02-12 Sun 13:31
来日を待望する著名人からのコメント
http://contents.shopping.yahoo.co.jp/fair/cddvd/stones/comments/

ザ・ローリング・ストーンズへのメッセージをお願いいたします
に対して田島のメッセージは、
僕が日本語でカバーした「さよなら ルビー・チューズデイ」を聴いてください!!
おおお~!強気です。
下でパフィーが「メッセージなんて恐れ多くて・・・」と言っているのと対照的です。
でも、ほんとに聴いてみてほしいなぁ。

3月のストーンズへ行けば、田島に会えるかも!?でもドームだもんなぁ。
ってストーカーか、私は。
別窓 | Web掲載 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
BARKS ROOTS66レポ
2006-02-11 Sat 06:44
BARKSニュース「丙午生まれのミュージシャン、厄をふっとばす不惑のイベント大成功!」
http://www.barks.jp/news/?id=1000010566

写真ありです。こ、木暮さん・・・。
別窓 | Web掲載 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
London Calling
2006-02-09 Thu 06:45
London Calling


「オリジナル・ラヴのやさしい予習メモ。」でおすすめされていたこのアルバム。

The Clash = パンク、ってことで聞いたことなかったんですが、
田島がすすめるなら何でも聴いてやる!ってことで、聴いてみました。

おぉ、ストレートなロックじゃないですか!(パンクってなんなの?)
おまけにメロディがけっこうポップだったりします。
好きだなぁ、こういうの。
「SPANISH BOMBS」がお気に入り。歌詞はものすごいけど・・・。

ジャケットもカッコイイ!
別窓 | 田島以外 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
1st album 「LOVE! LOVE! & LOVE!」
2006-02-08 Wed 04:19
LOVE! LOVE! & LOVE!

(91.7.12 東芝EMI)

メジャー・レーベルからのデビュー盤。2枚組。
日本レコード大賞アルバムニューアーティスト賞受賞。

月刊カドカワ1994年7月号のインタビューによると、
・デビューした時は、音楽的変遷からいくとすでに第4期くらい
・第2期、第3期のサウンドをパクられてフリッパーズが先にデビューしてヒットし、けっこう落ち込んだ
・最初から作りあげて行くしかないなと、慌てて作ったのがデビュー・アルバム。新しいメンバーになって1年もたたないうちに、練りきれないまま作った。すごく未完成



初期からのファンの方々にはとても思い入れのあるアルバムなのでしょう。
この後の変化についていけず、オリジナル・ラヴはこのアルバムのみ!という人も多いのかも。

私は、現在の田島とのギャップが大きすぎて、なかなかこのアルバムを聴けませんでした。
しかし、昔の田島が歌う映像を見てから素直に聴けるようになりました。
というか最近こればかり聴いています。特にpart2。
あのつるっと顔の小さい田島が、叫んだり暴れたりしながら歌ってるのを
想像するとたまんない。(すみません、末期症状。ほっといて)
また、今日本中で同じ時間にこのアルバムを聞いている人は一人もいないかも、
と思うと、なんだか独占しているみたいで不思議な気分。

渋谷系という言葉がピンとこなかったのですが、これを聴いて、なるほど、と思いました。
オシャレです。
しかし ・・・ エロい。今より、細くてソフトな田島の声が。

未完成、と言っているけれど、若さや、いろんな音楽を詰め込んだ勢いや、
訳わかんない歌詞(田島作詞のもの)など、その未完成さが魅力的。

PART 1
「1. BODY FRESHER」 すごくバンドっぽい音。
「2. BLUE TALK」 イントロがすごく好き。こういうのって何ていうの?
「3. DEEP FRENCH KISS」 いい曲なんだけど、この曲の田島のボーカルちょっと弱々しくないか。
「4. GIANT LOVE」 ・・・ちょっと印象薄いです。
「5. SWEAT AND SUGAR NIGHT」 だるい感じの音と、囁くような声がいい。
「6. FAT LOVE STORY」 ジャズっぽい曲。
「7. TIME」 明日を言葉で遅れさせようもんなら、って言葉の音への乗り方がちょっと不自然で、でも疾走感を余計に出しているような。不思議。
「8. 夜をぶっとばせ」 ここまでの、うにょ~っとした感じから、いきなりシンプルでストレートなこの曲。はじめて「変身」でこの曲を聴いたときはストレート過ぎて恥ずかしさを感じたけれど、今はけっこう好き。

PART 2
「1. LOVE VISTA」 これ最高!すごく好き。田島の高く細い声と、木原龍太郎の低く落ち着いた声の絡みが非常にヤラシイです。アブノーマルって言葉がちょっと古臭いけど。12'18"の超大作。
「2. WITHOUT YOU」 せつなさが好き。
「3. I WANT YOU」 今後のオリジナル・ラヴにつながっていくような曲。
「4. DARLIN'」 お洒落。
「5. JUMPIN' JACK JIVE」 大好き!楽しい!「恋の片道切符」にも文字にならない叫び声がたくさん出てきますが、この曲でもいろんな叫び声が楽しめます(こういう声だけ集めて聞きたいくらいです・・・)。
「6. LOVE SONG」 フライング・キッズにこういう曲なかったっけ?
「7. ORANGE MECHANIC SUICIDE」 スローバージョン。どっちかというとアップテンポのほうが好き。

あぁ、語彙が貧弱。



1991年。15年前、私は何を聴いていたのだろう。
ちょうど私が就職した年。
そのころ好きだった人がクラシック好きだったので、クラシックでしたね。
毎日NHK-FM聴いてました。
デュトワ指揮「真夏の夜の夢」を一緒に聴きに行ったっけ。
別窓 | 曲、アルバム他感想 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ROOTS66
2006-02-05 Sun 22:21
ROOTS66はどうだったのだろう、どの曲をやったのだろうと気になりますよね。
2ちゃんねるやブログ検索によると、田島兄貴、非常にカッコよかったようですよ!
 黄金の月(スガシカオとデュエット)
 接吻
 恋の片道切符
を歌ったもよう。黄金の月!くうぅうらやましい。

みんなで演ったのは、
 銀河鉄道999
 勝手にシンドバッド
 今日の日はさようなら
 勝手にしやがれ
だそうです。

斉藤和義ファンの方のブログに、

「田島貴男があんなに濃ゆい人だったなんて・・・」と、田島貴男のリズムに合ってるんだかどうなんだか分からない(失礼)微妙なダンスに打ちのめされ・・・

とありました。そ、そうなんですね・・・。

(2/8追記)
big-rockcandyさんのブログにとても詳しいレポあります。
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
スガシカオも好きなんだけど・・・。
2006-02-04 Sat 02:11


実を言うとスガシカオの曲がけっこう好きだったりします。

「8月のセレナーデ」を聴いた時は、すごいと思った。
詩がすごい。繊細でちょっと残酷で、でも誰でもどこかで持っている気持ち。

マイナスなダメなところを歌ったところ、五感にうったえかけるヘンタイな詩、
それでいて気持ちいい曲、けっこうもっていかれます。
そんなわけで何枚か聴いたのだけれど、オリジナル・ラヴほどはまらなかった。

なぜだろう?
スガシカオ本人にあまり興味が持てない(歌ってる姿をみてもカッコいいと思わない)のと、
口ずさみにくいから。
「もしも君が いなーく なって しまーったら」
のワンフレーズだけですっごい難しいと思いませんか?
そう考えると、オリジナル・ラヴの曲ってすごい。
1回聴いたらフレーズが刷り込まれちゃう曲が多いんだよなぁ。
これがPOPってこと?



本日4日(土)、来週7日(火)はROOTS66。
すでに田島は大阪入りしているようですね。
私は行けないのです。
田島、シカオ、それに阿部(昔ユニコーンも好きだった)、とても残念。
いらっしゃる方、楽しんできてください!
別窓 | 田島以外 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
めくれたオレンジPV
2006-02-01 Wed 22:05
めくオレのPVも2ちゃんに貼ってありましたが、これもかっこいい。

最近VOICEを全部読み返したところなんだけど、
2001.7.9に書いてあるのってこのPVのことですよね。

サックスを吹く勇姿をこっそり撮影してもらえないかとマイ・サックスを持って行き
・・・というお話。一旦恥ずかしくてしまうあたりが、なんともチャーミング。
http://www.originallove.com/WebSite/voicepast.html

首からさがってるのは、ギターじゃなくてサックス?!と思っていたら、
吹いてる(ふりの)姿も、しっかり映ってましたよ。
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 晴れ、ときどき「田島中毒」。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。