音楽に詳しくもなく、記憶力もなく、ファンとしても新米の部類。単なる中毒者の書く個人的メモです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | | ∧top | under∨
Rhythm & Drums magazine 5月号
2007-04-30 Mon 08:32
 noriさんやヒカリさんのところで紹介されていたコレ。立ち読みするはずだったのに、負けた(カッコよすぎ)・・・結局買ってしまった。本日財布の中身は394円。何も起こらないことを祈る。

 Rhythm & Drums magazine (リズム アンド ドラムマガジン) 2007年 05月号 [雑誌]
 

 ライブだとほとんど田島しか見ていないのですが、佐野さんほんっとカッコいいね!
 「こだわりを全部捨てて、脱ぎさったあとに残るものが個性なんじゃないかと思うんです」 --- これほどみんなに信頼され、こんなにいろいろな種類のたくさんの作品に参加している人の口からでた言葉だからこその重みがあります。

 詳しくはnoriさんが書いてくださってますが、「共演者たちが語るドラマー、佐野康夫の魅力」に田島がコメントを寄せていて、一人だけやけにテンション高いです。『風の歌を聴け』ではじめてセッションした時のことなど、あふれる思いが伝わってくるようなコメントでいいですね~。「サノッチ」(笑)。
 佐野さん、どうぞこれからも田島のこと、よろしくお願いします(と、全てのサポートメンバーにお願いしたい)。

 しかし、ドラムのことって私全然わからない。鼓笛隊の小太鼓しかやったことないし(笑)。音の違いなんかも全く聞き分けられません(佐野さんのドラムがすごい、ってことはわかるけどさ)。この雑誌には知らない世界が広がっています。おもしろそう~。しかし用語がよくわかりません。ドラミングの特徴の「ハネ」ってなに?

 トラックバックさせてもらおうと、noriさんのページを見に行ったら、なぁんと今日は佐野さんのお誕生日なんですね!なんだかご縁を感じるわ。おめでとうございます~!!
スポンサーサイト
別窓 | 雑誌等掲載 | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
UnOFFICIALさんのライブレポ
2007-04-28 Sat 23:27
 k.c.e.さんから連絡いただきました!
 UnOFFICIALさんに「エクトプラズム、飛行 ツアー」のレポがアップされてます。
 kawachiさん!ありがとうございます!それから、もしここをご覧になることがあったらkokonteiさん、ありがとうございます!

 ・・・って私がお礼を言うのもなんですが、嬉しいんです。
UnOFFICIALさんのライブレポの追伸
別窓 | 勝手に企画 | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
「明日の神話」再公開
2007-04-28 Sat 10:21
 昨日から「明日の神話」が再公開。
 http://www.mot-art-museum.jp/jyosetu/page6

 昨日見に行ってきた方の記事をブログ検索していたのですが、「谷本の素」さんの記事の写真!
 手前から3人目は我らが番長ではありませんか!テープカットに加わっているようです。おぉぉ~、お久しぶりです。お元気ですか~。と写真に向かって勝手に挨拶。

 これから日テレで特番があるようですね。映るかどうかわかりませんが、いちおうチェックしてみます。
 「”明日の神話”奇跡の再公開」4月28日(土)10:30~11:25


(23:40追記)
 特番は、子供向けの岡本太郎紹介番組、といったところでした。田島出演なし。歌もなし。汐留での公開時の様子などもありませんでした。
 室内に置かれた明日の神話は、テレビ画面で見ても汐留の時より大きく見えます。
 マルレーネ・デュマス『ブロークン・ホワイト』展も興味あるので、近いうちに行こうと思います。

 それから、ほぼ日にもテープカットの写真が出てました。なんか一人だけ縮尺が違って見えるんですけど(笑)。
 http://www.1101.com/asunoshinwa/news.html
別窓 | その他 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
A Jazz Anthology
2007-04-28 Sat 08:43
 「P2Pとかその辺のお話」で紹介されていたこのサイト、スゴイ!

 A Jazz Anthology (Here is Jazz Old Time on line)

 著作権フリーなオールドジャズが無料で15550曲聴き放題(MP3の場合は有料--3ヶ月で5ドル)。そして毎日20~30件ずつ追加されている。
 Billie Holiday、Louis Armstrong、Duke Ellington、Glenn Miller、Charlie Parker … あぁ~こういう古いのが大好きなんです!昨日から興奮気味であれこれ聴いています。

 トップページには60人くらいのアーティスト名のリストがあるけれど、これ以外もたくさん入っています。
 左上の listen をクリックすると検索フォームが表示されます。
 これまた大好きな「Benny Carter」で検索すると30件くらいヒット。ん?おじいちゃん亡くなったのって3年前くらいなんだけど、ほんとに著作権大丈夫なの?しかし、しつこく「All the tunes are in the public domain.」と書かれているので大丈夫なのだろうと信じます。

 1曲1曲選んで聴くのが面倒なときは、Play lists のページから、ランダム作成された25曲のリスト(毎時更新)を続けて聴くこともできます。
 私はさっきからサッチモのダミ声を聞きつつこれを書いています。実家にあったドーナツ盤で聴いたやつとか出てきて非常に懐かしいです。

 スカパラのエントリのコメント欄で書いていた曲はこれです!私が昔聴いていたバージョンとは違うけど。(RealPlayerで聴けます)
  In A Sentimental Mood
  Caravan

 田島関連の曲は何かないものか、と毎度お世話になっているUnofficialさんのORIGINAL LOVE 元ネタディスクガイドをチェック。
 「Jumpin' Jack Jive」と「Never Give Up 」の元ネタとされるJoe Jackson "Five Guys Named Moe"のさらにカヴァー元である、Louis Jordan "Five Guys Named Moe"がありました。
 (スミマセン・・・いちおう田島に絡めなければと無理やり出しました。このサイトが紹介したかっただけなんです)

 ともあれ一見の価値ありです。heatwaveさんオススメの Art Tatum もとても良いです。ぜひぜひ訪問してみてください。
別窓 | 田島以外 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
Never Give Up
2007-04-24 Tue 12:54
 今朝、フジ721でやってるウゴウゴルーガ、見てみました。いやいや、初めて見ましたよ。こういうのなのかぁ。
 
 エンディングテーマは「Never Give Up」で、岡崎京子原画によるアニメーションに、田島貴男らしき人、出てました!1993年放映分ってことで、細くてスタイリッシュでスカシた田島くんです。(もっとゆるい絵を想像してたんですけど、少女マンガっぽい絵です)

 ほんの一瞬だけですが、気になる方はチェックしてみてください。8時ちょっと前という出勤前の超忙しい時間になにやってるんだろう私、と情けなくなることうけあいです。

http://www.fujitv.co.jp/cs/program/7215_055.html
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
きょうは
2007-04-24 Tue 12:43
 お誕生日ですね。おめでとうございます。

 50になっても60になってもその圧倒的な歌声とやんちゃなステージで我々を魅了し続けてください。
 ステージの上でシャウトしてジャンプしてダンスしてるそんな田島さんの姿を見上げるのが私の生きがいです。
別窓 | その他 | コメント:2 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
エナメル・ブラザーズ?
2007-04-23 Mon 04:54
 ブログ検索で下の情報がひっかかってくるんですけど、どの部分で参加しているのでしょう?曲?

-----------------------------------------------------
<超大型新人デビュー!!>
昨年夏のソウルの祭典“SOUL POWER”でオープニングアクトとして登場したソウル・デュオ
“エナメル・ブラザーズ(鈴木雅之+黒沢薫 from ゴスペラーズ)”と、新たに結成された
ユニット“武田哲也(TAKE from Skoop On Somebody+村上てつや from ゴスペラーズ)”が
デビュー・シングルをリリース!!
田島貴男、松尾潔、OCTOPUSSY、清水信之、ダンスマンなど、ソウル・ミュージックに造詣の
深い豪華メンバーが集結し大人のソウル・ナンバーが完成!
エナメル・ブラザーズの「She's My Girl」、「モテるのもラクじゃない(Want More Love)」は
キラメキに溢れる極上にポップなソウル・ナンバー。
c/wには“武田哲也”による、武田鉄矢の名曲「母に捧げるバラード」のカヴァーを収録。
日本随一の実力派シンガー達による、本気と遊び心が絶妙に入り混じった熱い夏の
超ビッグ・プロジェクトに乞うご期待!!

エナメル・ブラザーズ
New Single
「She's My Girl」
KSCL 1146 / ¥1,223(tax incl.)
2007.07.11 In Stores

収録曲
M-1. She's My Girl / エナメル・ブラザーズ
M-2. モテるのもラクじゃない(Want More Love) / エナメル・ブラザーズ
M-3. 母に捧げるバラード / 武田哲也
-----------------------------------------------------
Skoop on Somebodyのページより)
別窓 | その他 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ティアドロップ問題
2007-04-22 Sun 02:50
 し、知らない曲が~!!こんなことでいいのか!というわけで、originalovebeerさんの教えのままに、すぐ買ってきました。

 THE VERY BEST OF ORIGINAL LOVE


 「ティアドロップ」いい曲じゃないですか~!!『結晶』の頃の木原・田島コンビの曲とはまたちょっと違う、甘すぎない感じがなんともいえません。しかし「Gimmie your love」と言ってるとは!本日歌詞カード見るまでわかりませんでした(「びびっびょーびょ」あるいは「みみっみょーよ」)。

 これは「サンシャインロマンス」のカップリングだったのですね。シングルのカップリング曲は、盲点ですねー。アルバムそろえてしまえば、それほどベスト盤をいろいろ買おうとは思わないじゃないですか!

 そういえば、「ソウルタトゥー」も「バベルの塔 または 火星での生活」も「ピストルスター」もロクに聴いてません。
 せっかくミュージック携帯にしたのだから、全部入れちゃえ、と冒険王以降のシングルのアルバム未収録曲も全部入れました。昔のちっちゃいCDは無理ですね。
 
 余談ですが、rararapocariさんオススメのソニーのイヤホン、買いました。(あたりまえですが)付属のイヤホンより格段に音が良くなりました。そして、コードが絡んでもほどけやすいところがいいです。ありがとうございました!

 さて、あと知らない曲は・・・?UnOfficialの全曲解説でチェック。
 「The Slaughter of Seagulls」がわからないけれど、まあこれはいいことにします。「YOU MAKE ME FEEL BRAND NEW」はかろうじて持ってます。あとはぱっとメロディーが浮かんでこないのはあるけど、いちおう全部わかる(と思う)。
 (田島貴男名義のものはとりあえず除いたオリジナル・ラヴの曲で)このリスト以外にチェックすべき曲はあるでしょうか・・・。
別窓 | 曲、アルバム他感想 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
渋谷系??
2007-04-20 Fri 01:55
 昨年の今頃はもう夏ライブのお知らせが来ていたんですよね。果たして今年もあるのでしょうか・・・。

 さて、渋谷系の謎を解明すべくMARQUEE vol.60を買ってみましたが、結局さっぱりわかりません・・・。
 「新しい視点の提示」?「感性一つで音楽やデザイン、ファッション、映画など様々なジャンルを横断しコーディネイトしたムーヴメント」?「メインストリームに対するカウンター」?
 この特集自体「渋谷系スピリット」として、それこそはっぴいえんどから2007年現在のバンドまで全てを含めて語っています。見開き2Pの手書きの相関図をみると何から何まで盛り込まれてます。しかし私には、その核となる「渋谷系」自体がなんだかよくわからない。

 アニエスはよく着てたし、岡崎京子は大好きだった(今も好きです。早く良くなってほしい)けど、こういう音楽はぜんぜん聴いてなかったからなぁ。

 オリジナル・ラヴは「渋谷系メイン・アーティスト」の一つに挙げられています。が、他のそこに上がっている人たちの音楽をちゃんと聴いたことはないものの、ちょっと毛色が違っているように思えます。
 なんか他のはオシャレっぽいんだもん。いや、その当時はオリジナル・ラヴはオシャレだったんでしょうけどね。私がぼや~んとイメージする渋谷系に当てはまるのは、2ndまでなのですけれど・・・。

 最近「小西康陽 bossa nova 1991」で検索してくる方が多いので、ここに上がっていた収録予定曲を書いておきます。発売まで楽しみにとっておきたい方はクリックしないように。
 インタビューを読むと、小西さんがリアルタイムで聴いてきた曲、というよりは、その頃の曲を今いろいろ聴いて選曲した、という感じですね。
 「正直、渋谷系の真っ最中にいたわけだけど、ほとんど他の(渋谷系と言われる)人たちのレコードは聴いてなかったし。今回、いろんな人のCD聴いて、すごい新鮮な驚きを・・・(笑)」と書かれています。
渋谷系??の追伸
別窓 | その他 | コメント:3 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
初スカパラ(SHIBUYA AX 4/15)
2007-04-16 Mon 03:02
 突然ですが、スカパラのライブに行ってきました。

 先日のエントリで「そのうち行ってみたい」と書いたところ、急にチケットが手に入ったというkonkoさんが誘ってくれたのです。ありがとうございます!

 好きなものは好き、欲しいものは欲しい、行きたいものは行きたい、と書いてみるものです。こんな幸せがやってくるなんて!本物のファンの方でチケット取れなかった方には申し訳ないですが、楽しんできました。

 AXについてみるとすごい人!ダフ屋もいる!うらやましい!(田島じゃみたことないから・・・)
 みなスカパラTシャツを着ていて、なんか場違いなところに来ちゃったかな~、と不安になりつつ入場、開演を待ちました。

 始まった瞬間、人の波がざざ~っと前に移動。そしてみんなが踊り始まると今度は後ろへ押され、うわゎ~っと思いつつも、もう音楽が鳴ってれば踊るしかない!みんな何かにとりつかれたように踊っています。円陣を組んで踊っている人々もいてびっくり。ステージは見なくていいのか?!

 メンバーは青いスーツ姿。まだ思い入れのあるメンバーはいないわけですが、数人で演奏しながらキメのポーズをとったりするところが、カッコいい~。(トロンボーンソロがあるたびキャ~っとなっているkonkoさんがかわいかったです)
 演奏してる時はあんなに激しくカッコいいのに、メンバー紹介でしゃべるとみんなカワイイ。そのギャップもまた萌えポイントですね。

 曲は知ってる曲、知らない曲半々って感じだったか?暴れすぎで記憶がありません。最近一番お気に入りの「フィルムメイカーズ・ブリード」をやってくれて嬉しかったです。

 いや~楽しかった。暴れた暴れた。爽快!ぜひまた行きたいです。

 終わって落ち着いてみると、喉が枯れていました。何を叫んでいたんだろう自分。そしてなぜか、顎の間接が痛い。歯を食いしばって踊っていたのか??謎です。

 しかしねぇ、同じAXだからねぇ。始まる前のあの人だかりとか、帰りのロッカーの混み混み具合とか、イヤでも比較してしまうわけですよ・・・。今頃何をなさっているのでしょう。あのお方は!
別窓 | 田島以外 | コメント:10 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
MARQUEE vol.60 特集[渋谷系スピリット]前編
2007-04-13 Fri 00:15
 4月10日発売のMARQUEE vol.60で「渋谷系スピリット」という特集が組まれているようです。おそらく第3特集くらいですが。この号に載ってるのは前編で、後編は次号。

 小西康陽・監修『bossa nova 1991 Shibuya scene retrospective』インタビューもあり。

 私にとって大きな謎である「渋谷系」について解明するチャンス?!チェックしてみます。
別窓 | その他 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
高浪敬太郎 arcorhyme
2007-04-12 Thu 23:55
 元ピチカート・ファイヴの高浪敬太郎さんが、arcorhyme(アルコライム)という一人ユニットで活動をはじめたそうです。

 myspace: http://www.myspace.com/arcorhyme
 official web site: http://www.arcorhyme.com/

 myspaceで何曲か聴けるのですが・・・いいです!高浪さんも一緒に歌ってる「charade」がお気に入り。
別窓 | 田島以外 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
携帯を音楽する
2007-04-08 Sun 15:18
 やっとお弁当作りの日々が終了しました。些細なことだが、これがプレッシャーで夜更かしできず。息子が高校生になったら私どうするんだろう…。

 さてさて、rockcandyさんのところでミュージック携帯のエントリを読み、そうか!これだ!と勢いづき、忠告も聞かずに(笑)さっそく機種変してきました。

 AU W42Sという1年前くらいのソニエリのウォークマン携帯です。私、携帯ホントに使わないんです(毎月の電話料金2,500円以下)。緊急連絡用に仕方なく持っている感じ。だからポイントがほとんどたまらない。そんなわけで機種変料金の安さに惹かれ、これにしました。
 デザインは最悪。カッコ悪い。これにはモノとしての愛着は持てそうにありません。画面が外に出っぱなしなのも不安。
 それでも、本体に1GBの音楽専用メモリ、外部メモリ最大4GBと、音楽を聴くには最適の機種です。
 1GBじゃすぐいっぱいになっちゃうなぁ、と外部メモリ2GBも一緒に購入(4GBは高くて断念)。

 先週末はこれと格闘していました。音楽を転送するソフトがとても使いづらくて、説明を読まないと出来ない…。
 こういうソフトって直感的に適当に触っていて操作できるようなもんじゃなきゃダメだって思いませんか!?
 それに、外部メモリへ送るソフト(SonicStage)と、本体へ送るソフト(au Music Port)が違うんですよ!そして、その2つでは、携帯のほうのUSBの転送モードを変えなきゃならない、というなんだか信じられない構造。
 さらに、付属のCD-ROMに入ってたソフトは挙動がおかしく、新しいバージョンをインストールしなおしたり…かなり時間がかかりました。

 格闘の末、オリジナルアルバム13枚(1stが2枚だから14枚か)+キングスロード、サニーサイド、変身、XLを無事転送しました。189曲。これでだいたい外部メモリ1GB分。あとは、シングルのアルバム未収録曲も入れたいところですが、それはおいおい。
 本体のほうには、オリジナル・ラヴ以外を入れています。
 
 そして、フル稼働中です。たまに電車に乗る時に聴くかなぁ、と思っていたのですが、それだけではなく、家事中に大活躍。家の中をあっちいったりこっちいったりしてる時って音楽どころではないのですが、持ち歩ければそれも可能。
 そんなわけで、息子に「うるさい」と言われつつ、聴きながら歌い踊っています。

 シャッフルがやはり面白いですね。田島の振幅の大きさが実感できます。ときどき「アイリス」→「守護天使」なんていう、おぉっ!という曲順もあったり。昨日は「ダンス」→「BLUE TALK」→「死の誘惑のブルース」の曲順にシビレました。これねぇ、曲名挙げるだけじゃ実感できないですが、並べて聴くとすっごいカッコいいですよ。

 iPodが2001年に発売されてからずっと欲しい欲しいと言い続けながらいまだに購入していない理由は、値段もさることながら、充電問題なのです。
 いつもちゃんと充電しておく、ということができないずぼらな体質のため、若い頃は電車通学・通勤していたにもかかわらず、ウォークマンもCDウォークマンもちゃんと使いこなせないまま壊れた、という過去をもつ私。
 iPodを購入してもすぐにお蔵入りするのが目に見えています。
 そして最近は慌しく出かけることが多くて、準備もそこそこバッグひとつ持って家を出るので、聴きたい時に持っていない可能性が高い。
 そんな私もさすがに携帯電話はいつもバッグに入っていて、充電もするので、携帯で音楽を聴くという選択は正解です!rockcandyさんありがとう!

 あとは音の悪すぎる付属のイヤフォンをどうにかするのが課題です。

 デザインに惚れて2年以上を共に過ごした麗しのPENCKちゃんとお別れするのはさみしいので、目覚まし時計として残留してもらおうかしら(しかし充電問題が…)。
別窓 | その他 | コメント:7 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
| 晴れ、ときどき「田島中毒」。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。