音楽に詳しくもなく、記憶力もなく、ファンとしても新米の部類。単なる中毒者の書く個人的メモです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | | ∧top | under∨
田島貴男 in 鎌倉2012
2012-02-11 Sat 12:02
 鎌倉芸術館での弾き語りライブ、行ってまいりました。

 セットリストは以下のとおり。
--------------------------------------
[第1部]
フリーライド
ハイビスカス
ふられた気持ち
骸骨
月に静かの海
バイク
鎌倉物語(サザンオールスターズのカバー)
のすたるぢや

[第2部]
恋の彗星
アンブレラズ
なごり雪
青空のむこうから
カミングスーン
接吻

[アンコール]
プライマル
好運なツアー
--------------------------------------

 1部と2部の間は10分休憩。

 全部弾き語りでのライブは初めてとのこと。
 いつもとは違う、クラシックコンサートみたいな雰囲気のしっとりと熱いライブでした。

 田島さんはいつもよりちょっと奥まった位置に着席。
 ギター3本、ハーモニカ、歌のみ。
 1937年製のドブロ(リゾネーター?)ギターはアラバキの時にも登場したものでしょうか。トロピカルな彫刻は同じに見えるけど、側面の色が違うようにも見えます。しまいこんでいたものを修理に出したらいい音になって戻ってきて気に入っているとのこと。姿もピカピカ(反射がまぶしかった!)なら、音も独特ない~い音!おじいちゃんギターと呼んでました。
 ハーモニカは、以前よりもメロディの演奏が多かったです。
 ギターも、いろいろな奏法、いろいろな音。ピックでも音色が変わるのですね。ボトルネックも多用してましたが、いわゆるギュイーンとやるだけではなく、普通に弾くのと合わせたりして複雑な弾き方。
 日々新しいことに挑戦、日々練習。すごい人です。翻って自分の立ち位置を考えてしまう。

 始まる前は、ずっと座っていられるかしら、うずうずしないかしら、と思っていたのですが、盛り上がりつつも立ちあがるところまではいかないうまい選曲と演奏。手拍子もカミングスーンのみでした。(このあたり、田島さんのライブはお客さんもほんとに上手だといつも思います)


・大好きな「月に静かの海」!おじいちゃんのギターで。あぁ、うっとり。
・「アンブレラズ」をやってくれるなんて!私はライブで聴くの初です。これもおじいちゃんギターで。雨音のようなアルペジオ、素敵でした。ファルセットも素敵。
・「鎌倉物語」、よかった!田島さんの歌う女歌、キューンとしてしまいます。
・ルルティモバーチョでもやった「青空のむこうから」。ギターがすごかった。ボトルネックと、金属のピックを使っていたように見えました。アメリカの田舎の泥臭い感じと、民族音楽的なのが混じって、不思議な世界。歌も朗々と。街の灯消して、というところも裏声にせず歌ってました。
・「カミングスーン」は、いつもより落ち着いたバージョン。ラップ部分は「語り」のような感じ。最後、「七話、八話、九話」の後、「十話、十一話・・・」と続き、びっくり&爆笑。三十話くらいまで言ってたかな。
・他の曲もみんな良かった。「バイク」では少しだけの不安を胸に青い空の下旅立つ若者が目に浮かんだし、「プライマル」では溶けたし、「好運なツアー」では泣けたし。

・田島さんの衣装は、黒のジャケット(タイトめの、カットソー素材っぽいカジュアルな感じ)、白シャツ、色落ちしたブラックジーンズ、革靴。髪は長めでしたが、一時期よりは短い?切ったのかな。
・いつもTシャツのセッティングの方も今日はジャケットを着ていた。ホールの弾き語りでフォーマルスタイルなのか。
・しきりに鼻をかんでいました。風邪気味?声にはあまり影響は出ていなかった。

・子供の頃六浦に住んでいて、鎌倉にはよく泳ぎに来ていた。今でも地黒だけれど、子供のころはもっと黒くて、冬でも真っ黒で黒人のようだった。
・ご当地バンドというのは各地にありまして、鎌倉、湘南はサザンですね。自分はどこだろ、渋谷かな、違うな。サザンでは、桑田さんよりも原由子さんが好きです。あのキャラクターが。
・鶴岡八幡宮(「つるおか」と言ってた?そういう読み方もあるのか?)には年1回行っていた。すごい人。今もそうなのかな。会場からあまり反応がなく、「鎌倉の人、いないの?」太鼓橋を10回くらい言ったり来たり、とかしていた。
・(会場を見渡して)こういうのもいいですね。気持ちいい。ありがとう。
・(アンコールの後、拍手に応えて出てきてくれて)ありがとうございます。今日は時間がなくてこれで終わりですが、またこういうライブもやりたいと思います。

 9時ちょっと前に終了。短かったなー。接吻が終わって立ち上がった時には、えっ?と思ってしまいました。
 いや、内容は大満足なんですけどね。
 ひとつ後悔は、花束を持っていこうかどうかすごく迷って止めたこと。クラシックのコンサートみたいに、アンコールの時に渡したかったなー。もうあんな良い席が当たることはないかも。迷った時はやるべきですね。

 さらに進化の可能性を秘めた弾き語りライブ、またやってくれそうですね。今のところ次の予定がないのがさみしいですが、夏にはバンドでのツアーがありそうだし、ひとりソウルショウも続くんでしょうし、田島さんも私たちも大忙しです。(となることを祈る!)
スポンサーサイト
別窓 | ライブ | コメント:8 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
| 晴れ、ときどき「田島中毒」。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。