音楽に詳しくもなく、記憶力もなく、ファンとしても新米の部類。単なる中毒者の書く個人的メモです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | | ∧top | under∨
NHK FM 「ミュージック・スクエア」出演
2006-11-28 Tue 23:53
ミュージック・スクエア聴きました。

かかった曲は「ジェンダー」、「明日の神話」、「2度目のトリック」の3曲。
「ジェンダー」好き!歌詞(全部は聞き取れなかったけど)も曲も好きだなぁ。
「明日の神話」はシングルと全く同じ。
「2度目のトリック」はちょっと慣れてきました。
服について
・ラジオで最近はファッションチェックがあるけど、下ジーンズなのに「黒ずくめですね」といわれるの今回4回目くらい。
・歌うたいは服に無頓着な人が多い。ヒップホップはずるい。服かっこよくて、ほんとに音楽のこと考えてるのか、と思う。
・最近、似合う服が自分でわかってきて、好きになってきた。ジャケットとか、こういう生地がいいなとか。
・自分の内面と洋服の趣味が合ってきた。昔は自分では古着ばっか着てたけど、スタイリストに着せられる服(=イメージ)は違ってた。

映画
・映画を爆発的に見るようになった(週に5,6本)。死火山のように見てなかった時期もあった(年間4,5本)。
・いろんな物語があって、人が生きてきて始めて得られることがセリフにこめられていたりして、おもしろくなってきた。映画の中に自分自身をみて感動する。
・昔は気取りとしてみていた。詞の参考にするため、とか。
・「映画っていいもんですね」と水野晴郎さん状態。

・ここ何作かのアルバムが映画に似てきた。人間の心情をすくうようなアルバム。今回は意図的に映画みたいなアルバムにした。

「ジェンダー」
・フェミニズムの人がつかう性を表す言葉。使い方が正しいかどうかよくわかんないけど、男女の性、セックス。(NHKでセックスって言っていいんですかね、と断りつつ。)
・男性と女性、違いがあるということがなんと素晴らしいことか、と40にして思う。
・映画もそこしか見てない。究極のリアルな体験は、異性に出会い変化すること。
・男にはめずらしく「恋愛至上主義」(「恋愛依存症」ではない)
・男の子、女の子、互いにつっぱっていたり、見下していたりする部分があるけれど、向かい合って話をしよう、という曲。

・パーソナリティの方「モノクロ映画のイメージですね」。このアルバム「モノクロ」ってタイトルにしようかと思ったがやめて「東京 飛行」にした。
・曲つくったり、アルバム作ったりするのは井戸を掘ること。深い井戸が掘れたと思う。
・街に生きている人々の浮遊感、存在感ではなく不在感。夜中にビデオやマンガ喫茶(最近よく行く)に大勢の人がいるのをみて感じる。そういう気持ちを離陸させたい、浮かばせたいと思った。

「明日の神話」
・(いつもの話--省略)
・恋愛方面では敏子さんに刺激を受けた。
・一緒に飲んだときの敏子さんの言葉「女にとって一番かっこいい男は、女にいのちをあずける男。そういう男が一番セクシー」
・してあげた、してくれない状態の修羅になりがちだが、そうではなく「無償の愛」
・そこに自分の体験もふまえて作った曲。
・太郎さんのピアノを今聴くと、非常にミュージシャン的だと思う。でたらめなフレーズにグルーブ、コブシがある。壁画の雲のラインもグルーブしている。

・しゃべりすぎかな。原稿(何の?)書いてたから、頭の中に言葉がぐぐぐっと詰まってる感じ。

・アルバムについてパーソナリティの方「素直になる、ということを感じた」
・そうかな?基本的にひねくれた人間なんで。ホームページを更新してくれといわれると、絶対更新してやるもんか、と思う。
・「だらしないアルバム」ダメだなぁ、しょうがない、まっとうだと思う道から逸脱することを、それでいいんじゃないか、というアルバム。(歌詞としてはそうは書いてないけど、ムードとして)

最近買ったギター
・曲の半分をギターが作ったんじゃないか、という曲もある。(「13号室からの眺め」?)
・悪い子ちゃんなギター。「ゴッドファーザー」「夜の暴れん坊将軍」

・「オセロ」にはシシリア島の香り。ゴッドファーザー全巻をちょうど見ていた。ゴッドファーザーは、どうしようもない映画ともいえるけど、男の持つ憧れをここまで完成度高く描いた映画はない。トリュフォーとは全く逆の良さ。
・イタリアの微妙なメロディーラインがいい。過去にも影響を受けた曲がある。どの曲か忘れた。
・ゴッドファーザーの音楽担当はニノ・ロータ。(ニニ・ロッソ--トランペット奏者--と言いまつがい)

最後にメッセージを
・サウンドの端々が新しいとか画期的というんじゃないけれど、みんながいだいていて他人が触れられずもてあましている気持ちを描いたブルースなアルバム。だらしなく、夜映画を1本見る感じで聴いて欲しい。
スポンサーサイト
別窓 | ラジオ・テレビ等 | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<「いま、生きる力」 | 晴れ、ときどき「田島中毒」。 | 「2度目のトリック」試聴>>
コメント
--
こんばんは、お身体大丈夫ですか?
私も聴いていました、途中田島さんが暴走して何言い出すかハラハラしてました。
「恋愛至上主義」発言にも驚きとなんだかテンション高くて色々と笑えました。
2006-11-29 Wed 00:15 | URL | nori #NNZ72WTo[ 内容変更]
--
ありがとうございます。回復しつつあります。
性、セックス、男と女な45分間でしたね。キングスロードの時も、この番組では調子よくしゃべっていた記憶があります。DJの方との相性とかもあるのかな。
2006-11-29 Wed 01:31 | URL | yoko #LkZag.iM[ 内容変更]
--
「暴れん坊将軍」が、えらいツボでした。「男の心は夜になると暴れん坊将軍、夜の暴れん坊将軍」とか言ってましたっけ。暴れん坊将軍のギター、ライブで見たら笑いが止まらなくなりそう。だめだ~、暴れん坊将軍が頭でぐるぐる。noriさんのところで出てましたが、そうですよね、NHKで暴れん坊将軍はあまりよくなかったんですかね。

「セックス」って言いたくてしょうがないような感じに思えてしまったけど、そういえば夏のライブで歌われた「心理学」、「セックス」っていやに強調して歌ってるな~と思ったんですよね。
2006-11-29 Wed 08:38 | URL | Linda #tQ725RIE[ 内容変更]
--
ああー!!始まる1時間前まで覚えていて、楽しみにしていたのに忘れてた!しかもこちらの記事を読むまで忘れていたことさえ、忘れてました。・・・ショック!!
この番組の時はいいノリでしゃべってくれる気がして待ちわびていたのに・・・yokoさん、レポありがとうございます。
最近買ったギターって『二度目のトリック』のPVで弾いてるものでしょうか?早く目の前で弾いてくれるのを観たいです~。

ゴッドファーザーの音楽はニノ・ロータ(ニーノ・ロータ)で合ってると思います。イタリア映画の音楽を多く手掛けてられる方です。
2006-11-29 Wed 16:15 | URL | rockcandy #FsLi9vu.[ 内容変更]
--
>Lindaさん
「男の心は~」って言ってた!のってくると暴走・・・。

>Lockcandyさん
え~!忘れちゃったんですか!おもしろさはあまり伝えられず残念。noriさんとこのレポのほうが詳しいかも。

イタリアの音楽の話をしていて、突然
「えー誰だっけ、名前忘れちゃった。そうだ!ニニ・ロッソ!」「間違えた。ニノ・ロータ!ゴッドファーザーの音楽担当した人。ニニ・ロッソはトランペットだ」
という感じで一人で突っ込んでました。しかし、何の話をするとも言わず「誰だっけ」といわれても・・・。
2006-11-30 Thu 06:33 | URL | yoko #LkZag.iM[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 晴れ、ときどき「田島中毒」。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。