音楽に詳しくもなく、記憶力もなく、ファンとしても新米の部類。単なる中毒者の書く個人的メモです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | | ∧top | under∨
ARABAKI ROCK FEST. 2008 (その他)
2008-04-29 Tue 13:59
 フェスは初めてで、新鮮でした。

 一人行動の時間が長く、知らないバンドがほとんど、雨、寒さ、といろいろありましたが、それでもとても楽しかった!
 来年も行くかもしれないし(笑)、自分用にいろいろメモ。超長いので、お暇な方のみお読みください。
[1日目]
 12:12 仙台駅着。曇り。

 仙台って大きな街ですね。過去何度か、友達の結婚式とか、就職の面接とか、来たことがあるはずなのだが、よく覚えてないのは観光じゃなかったからかな。松島は旅したことがあります。

 ホテルに荷物を預けようと思ったら、チェックインできました。今回宿泊したビジネスホテルは当たり。駅から近くて、キレイで、わりと安くて、狭くなくて、インテリアもシンプルで落ち着いていて、ロビーでネットも使えて、1週間くらい暮らしたくなりました。

 軽く食事。この時点で胃腸炎がまだ治ってなくて、屋台飯に自信がなく。おそるおそる少しずつ、よく咀嚼して食べていたら、時間をロス。あとで、14:25からのBlack Bottom Brass Bandがとても良かったと聞き、後悔。駅弁にしときゃよかった。くぅぅ、次回仙台へ行ったら、牛タンバリバリ食ってやるー!

 2時前にシャトルバス乗り場へ。人の列もなく、すぐ乗れて、すぐ発車。3時ごろ到着。
 バスを降りて入場口までが遠い。どんよりと曇って寒くて心細くてすごく遠く感じたけれど、10分くらいか。
 入場口の少し手前のテントで、リストバンドに交換してもらって、入場。
 ものすごい人混みにびっくり!なんだ!ここは渋谷か!

■15:45~ BEAT CRUSADERS (陸奥)
 Hello Worksとどっちか迷ったが、テキトーに歩いていったそこに陸奥(みちのく)ステージがあったので、みることに(方向音痴の上に、ひどく混雑していて、道がすぐに把握できず)。
 謎のお面集団、ってことしか知りませんでしたが、音はけっこう好きかも。ちなみにお面はすぐにとって客へ投げてました。
 音の世界は美しいと思う(歌詞は英語でわからない)のだが、なんか本人たちとのギャップが不思議。MCヘンだし、放送禁止用語コールさせたり。いや、楽しかったです。
 途中、つじあやのがゲスト参加。やはりお面をつけて登場。

 終わったあたりで雨がパラパラと。
 みんな、荷物はどうしてるのかなぁと、見回すと、レジャーシートにおいてあったりするので、マネしてみる。貴重品は身につけ、レジャーシート敷いて、ビニール袋にバッグ入れて、置いといた。とられてもまあしょうがない、と割り切って。
 2日間で盗難が数十件も発生したらしいけれど、寒さ対策とか雨対策とか考えると荷物も大きくなるし、クロークないし、あーやって置いといたら盗難もおこるよねぇ・・・。
 ブログ関係の方と連絡をとろうとしたのだが、メールがなかなか送れず、受信もなかなかできず、この日は結局お会いできず。auはつながりにくいという話でしたが、ここまでつながらないとは。 
 
■17:00~ チャットモンチー (陸奥)
 知らないバンドばかりなので、そのまま続けて陸奥に。(もんたさんの弟さんがファンだというマキシマム ザ ホルモンは、バンド名の書いてある恐ろしげなTシャツを着た人たちが徒党を組んでいたのでやめました)
 雨、本降り。カッパ着用。
 チャットモンチー、細くてちっちゃくてかわいい。見た目普通の女の子で、斉藤和義があれほど言うのもわからなくはない。
 会場の盛りあがりはいまいちのようでしたが、よかったです。
 曲名はわからないが「私が神様だったらこんな世界はつくらない」という歌詞にじんときた。

■17:50~ 木村充揮×近藤房之助 (津軽)
 道に迷いつつたどりつく。津軽は小さめのステージ。
 前2つの若者向けバンドとはうってかわって、男、酒、ブルース、の世界。渋い、渋すぎる。ちょっと間違えると演歌だが、その一歩手前でブルース。
 ここで、若者じゃなくてもいいのね、とちょっと安心する。
 木村充揮のダミ声と近藤房之助の伸びのある声、いやいや素晴らしい。
 木村充揮のMCはまるでごきげんな酔っ払いのおっちゃん(笑)。別のステージから聞こえてくる叫び声(怒髪天か?)に「なんだおりゃあてめえ!」と叫んだりして、おもしろかった。
 「飲んで~飲んで~飲まれて~飲んで~」ってやつとか、「ぐでんぐでん」、「見上げてごらん夜の星を」とか、聴いたことのある曲が多かったです。
 途中で雨があがる。
 
 このあたりから寒くなってきました。雨があがってもカッパは脱げず。
 なにか暖かい飲み物を、と思ったが、コーヒー売り切れ、ホットワインも売り切れってことで、ホット梅酒。これでもあたたまらず、モツ煮。
 モツ煮を食べながら、アンジェラ・アキの最後の数曲を聴く。声もピアノもいいと思うんだけど、この人の歌詞はどうも合わない。
 
■19:20~ 川内太鼓 (陸奥)
 地元の方々なのですね。
 最初は若者たちのパフォーマンス的要素のある太鼓、その後年齢層の高い方々も加わっての安定感ある太鼓。
 一つの太鼓を3人で踊りながらかわるがわる打っていくのとか、面白かった。同じ太鼓でも、たたく人によって音が違うものなのだなぁ。あたりまえか。

■19:50~ 斉藤和義 with ARABAKI MICHINOKU SESSION (陸奥)
 太鼓から前のほうで待機。雨がまた降り出す。
 出演者が多いためか音チェックがなかなか終わらず、雨が降り寒い中に動かず立っているのはつらかった。早く始まれ~という無言の圧力、「もう大丈夫だから!」とのヤジもとぶ。そんな中で黙々とギターの音チェックをしていたお兄さん、気の毒。予定は19:50からだったが、おそらく30分ぐらい押していたのでは。
 はじめは単独で、その後セッション。曲ほとんどわかりません。スミマセン。
 セッションは、それぞれのアーティストと斉藤和義とのセッション。1曲ずつ。
 元ミシェルガンのキュウちゃん(レノンの夢、って言ってたかな、カッコよかった)、チャットモンチー(振り付けは誰が考えたのか、やらせてほしい発言はどうなのか)、ビークル(斉藤和義もお面をつけて登場)、永積タカシ、アンコールはみんなで。
 もうね、なんといっても、永積タカシとの「歌うたいのバラッド」!これにつきます!ぐしゃぐしゃのカンペとりだしたときは、どうなんだ?と思ったのだが、歌いだしたら、すごかった。この人の声にすごく合ってる。斉藤和義が永積タカシの歌うこの曲が聴いてみたくて、と提案したそうなのだけれど、本家よりよかった(せっちゃんファンの方ごめん!)。寒さも雨も忘れた。感動して涙出た。
 全体的に悪くなかったし、ぐだぐだのMCもらしいかなと思うけれど、夜寒い時間は、とにかく盛り上がってみんなで踊れて、というアーティストのほうが良いのでは、と次の日のキヨシローさんを見て思いました。

 雨は上がったけれど、ずぶぬれで荷物持って、また歩くのがつらかった。
 バスに乗ったのが22:15頃。それほど待たずに乗れました。仙台駅着23:00頃。


[2日目]
 晴れ。
 8:40くらいにシャトルバス乗り場へ。
 道の両側からバスが出ていて、どちらも長蛇の列だが、バスはどんどん来て5分くらいで乗れた。
 1日目は曇っていてよくわからなかったけど、途中の景色がきれい。霞んだ山にところどころにうかぶ桜(ソメイヨシノではないだろう)。水を張った田んぼがちらほらと。川の水も澄んでいる。
 9:50着。

 前日が雨だったもので、油断して、すこし日焼けしてしまいました。
 暑いんだけど、すこし日が翳ると涼しくなる。う~ん、難しい。
 
■10:15~ 藤原美幸(秋田民謡) (鰰)
 鰰(はたはた)ステージの下見しとこう、と向かったらちょうど始まったので、見てみる。
 なまはげの登場からスタート。
 さすがに歌上手い。MCの秋田弁もいい感じ。結局最後まで聴いた。

 鰰は一番離れたところにある小さめのステージ。荷物を近くに置いて、中心地へ戻る。
 GO!GO!7188の近くを通りかかるが、ものすごい人で見えるところまでは近づけない。

■11:05~ たむらぱん (花笠)
 となりの花笠(はながさ)へ。テントの中の、一番小さいステージ。
 「回転木馬」という曲はかろうじて知っていた。
 独特の世界観。なかなかよかった。
 しかし、ステージが全く見えず、たむらぱんの顔もどんな人なのか確認できませんでした(笑)。なんなんでしょう、ここのステージのつくりは。

 ここで、到着したkonkoさんと合流。久しぶりなので、話したり、食べたり飲んだりして、ぶらぶらして、konkoさんは勝手にしやがれへ、私は曽我部恵一BANDへ向かいかけると、どこかで聴いたことのある曲が。
 「風になりたい」だよ。konkoさん「そういえば、GANGA ZUMBAって宮沢和史だよね」。えぇ~知らなかった!

■12:00~ GANGA ZUMBA (津軽)
 というわけで、途中からだったけど、すごくよかった、聴けてよかった!
 これは、完全にラテンバンドだよ!サンバにマンボにスカ、konkoさんが勝手へ向かったあと、踊りまくりました。直前に飲んだビールも効いてて・・・。
 宮沢氏、なんか昔のイメージと違って、ワイルドになってました。メンバー紹介で、ギターが高野寛とわかってびっくり。

■12:45~ 曽我部恵一BAND (陸奥)
 曽我部のライブがいい、という話を聞くと、CDで聴くちょっと甘いノスタルジックなイメージから、どんなライブなのか想像がつかずにいたのだけれど、そうか!そういうことだったのか!と今回納得。
 さすが毎日のようにライブしている人たち!すごく自然に盛り上げてくれる。楽しい!新しいアルバムも買おう、ワンマンも言って見よう、と思いました。
 「ああ神様オレのこのジュークボックスに」ってやつとか、「青春狂詩曲」とか知ってる曲もあって楽しめました。

 ここで、昨日お会いできなかった方と連絡がとれ、しばし歓談。よかったよかった。
 特に聴きたいバンドがないので、荷物のところへもどってご飯。

■15:20~ FLYING KIDS (津軽)
 浜崎さん、変わってない。カッコよかった。パステルカラーの柄物のスーツ。曲もいい。
 途中で、つぎのゆら帝のために抜けようとすると「幸せであるように」が流れる。
 うわー、これすごく好きな曲なのにぃ・・・。konkoさんにひきずられるように鰰へ。

■15:50~ ゆらゆら帝国 (鰰)
 到着すると、すでにすごいひと。次はオリジナル・ラヴだし、ある程度の場所に入ろうと思ってたのだけれど、近寄れず。
 坂本さん、話にきくとおり、赤いパンタロンだった。マラカスがなんかすごかったな。
 ニューアルバムから3曲。楽しみにしていたバンドの1つだったのだけれど、次のことで頭がいっぱいになっていて、集中できなかった。あぁぁもったいない。あの真ん中でゆらゆらしてたら、トランス的な世界にいけそうなのに。

■17:00~ ORIGINAL LOVE (鰰)
 ゆら帝から退場する人の流れに逆らって前へ。多少無理やりに2列目に。その後は前記事を参照。

 原田知世もちょっとだけ見たいなぁと思ってたのですが、田島が終わったら力が抜けて一気に疲れてしまい、行けませんでした・・・。
 日が落ちて寒くなってきたので、セーターを着込み、暖かい食べ物、飲み物を求めてさまよう。

■18:05~ FRICTION (鰰)
 中村達也のドラムはやはりすごい。爆発する音が身体に響いてくる。
 しかし、もう疲れきってしまい、近寄って聴く気力が・・・。
 途中で、konkoさん帰途へ。

 寒いので、カイロを貼って、背中に荷物を背負う。うどんを食べる。

■19:10~ JUN SKY WALKER(S)  (荒吐)
 いやいや変わらないねぇ。なんて元気なんだろう、と疲れている私はタテノリについていけず。

 だめだ、このままじゃ持たん、と熱燗。これは効きました。

■19:45~ 忌野清志郎 & NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS (陸奥)
 大トリです。帰らない人は全て集まっているわけで、すごい混雑。なんとかステージ向かって右へ回り込んで、見える位置に。
 キヨシローさんをナマで見るのは初めてだし、曲もあまり知らないのですが、すごくよかった!エンターテイナー!完全復活ですね。
 「イエーって言えー!」っていいねぇ。考えずに叫んでしまう。
 ギンギラのマントを着て「忌野清志郎~」とコールされながら、舞台のはしからはしまで歩くのは、恒例なんですかね。
 近くで青いくまのかぶりものの団体が踊っていて(たむらぱんにも3匹いたっけ)楽しそうだったなぁ。
 アンコールで、「こんな夜にお前にのれないなんて~ こんな夜に発車できないなんて~」と合唱してきた。喉枯れました。
 
 10時前にバスにのり(この日もスムーズ)、50分くらいで駅に到着しました。

 疲れたけど楽しかったです。1日中音楽きいていられるなんて、ホントに幸せです。こんなにいろんな音楽がきけるなんてすごく贅沢。
 行ったことないアーティストのお試し版としても良いかも。
 またどこかへ行きたいなぁ。

 ここまで読んでくださった方、もしいらっしゃったらお疲れ様でした。ありがとうございました。
スポンサーサイト
別窓 | その他 | コメント:8 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
<<オフィシャル更新 | 晴れ、ときどき「田島中毒」。 | ARABAKI ROCK FEST. 2008>>
コメント
-おつかれさまでした!-
出てくるミュージシャン、ほとんどキヨシロー氏しかわかんなかったけどレポおもしろかったです〜〜、おつかれさまでした! 自分はロックフェスに行った事は無いのですが、何やら楽しそうですね〜。いつ行くのかもどのステージを見るのかも何を食らうのかも何もかも自由きまま!なのがいいな〜。ところで、鈍行で仙台へとおっしゃってましたが、長い時間電車に乗ってて、退屈ってしないものなんでしょうか?わくわくしているからあっという間なのでしょうか。rararapocariさんの仙台へようこそエントリに載っていた「ずんだ生クリーム大福」は食べましたか?質問責めですみません。「VIVA遠征!」「讃えよう自由を!!」「VIVA一人旅!!!」という感じが伝わってきて私も静かに興奮しています。(笑)
2008-04-29 Tue 23:12 | URL | なかっち(k.c.e.) #DhuRAo1g[ 内容変更]
--
キヨシロー、元気になったんですね。
よかった。よかった。


>マキシマム ザ ホルモンは、バンド名の書いてある恐ろしげなTシャツを着た人たちが徒党を組んでいたのでやめました

多分けっこうなハードコア系だと思うので、やめといて正解だったと思います。笑。

以下家の弟情報。
ちなみにマキシマム ザ ホルモンだよ~ん。
おととしとその前とその前の年は八戸の八食センター(なんか魚とか野菜とか売ってる市場が集まった感じのところ)のサマーフリーライブ!って無料の駐車場ライブに出てて、去年も来るかと思ってたら、おととしあたりから微妙に売れてきて去年売れすぎてしまって結局来なくなってしまった裏切りものですよ!!
ちなみに八食サマーフリーライブのギャラは八食センターの肉魚介をバーベキューで食べ放題!らしい。。。

けっこうおかしい。うふふ。
2008-04-29 Tue 23:38 | URL | もんた #mQop/nM.[ 内容変更]
--
お疲れ様でした。
>チャットモンチー
「私が神様だったら~」はセカンドアルバム『生命力』収録の問題作「世界が終わる夜に」です。1stでは面白がって聴いているだけでしたが、売りであるはずの「若さ」とは対極にある絶望に満ちた曲には、やられました。

>曽我部恵一BAND
実は、ライヴは仙台タワレコでしか見たことないのですが、いいですよね。
5/4にタワレコ新宿でフリーライヴがあるみたいですよ。
http://natalie.mu/news/show/id/6790

>ORIGINAL LOVE
新曲なかったのは、フェスだから仕方ないにしても残念。1曲くらいは・・・。
でも満足度が高いライヴだったのはよかったです。でもモニョるのは・・・(流行り言葉ですか?)
2008-04-30 Wed 05:23 | URL | rararapocari #-[ 内容変更]
--
冗長な文を読んでくださってありがとうございます。

>なかっちへ
興奮を感じ取っていただけたようで嬉しいです。
>長い時間電車に乗ってて、退屈ってしないものなんでしょうか?
5時間くらいなのであっという間でした。家にいてもそのくらいってすぐ経っちゃうと思いませんか。行きは読まずにたまってしまった1週間分の新聞を読み、帰りは本を読みました。(そういえば、ここ10年「退屈」ってしたことないかも。そんな私が言っても説得力ないですかね)
仙台駅周辺にいる時間が非常に短くて、「ずんだ生クリーム大福」ほかの旨そうなものは食べられませんでした。帰る日もばたばたと休んだ職場と子どもを預けた実家へのおみやげを手に走って乗車。もうちょっとゆっくりしたかったです。

>もんたさん
弟さん情報おもしろい。へええ、おととしあたりから売れだしたんですか、なるほど。
近づかないで、遠くから見物(失礼!)してもよかったかも。

>rararapocariさん
仙台へようこそエントリー、ありがとうございました。次回は食べ物リベンジです!というか、オリジナル・ラヴツアーで仙台へいけることを祈ります。私たちは、痩せた!短髪!で舞い上がってしまいましたが、今回冷静に見てもよいライブだったと思いますよ。若干のモニョりはありましたが。
チャットモンチーの曲名「世界が終わる夜に」ですね!チェックしてみます。彼女たちの、ほんとうに音楽が好きでまじめにやっている、というたたずまいに好感持ちました。
曽我部、納得しました。良かったです。フリーライブは混みそうなので、そのうちどこかでワンマンライブ行こうと思います。
2008-04-30 Wed 07:49 | URL | yoko #LkZag.iM[ 内容変更]
-清志郎-
たぶん清志郎は「家って言えー!」と言ってると思う、彼流のジョーク(笑)。何はともあれ復活が嬉しいですね。
2008-04-30 Wed 12:53 | URL | m2 #-[ 内容変更]
--
ご指摘ありがとうございます。しかし、なぜに家???
2008-05-01 Thu 06:51 | URL | yoko #LkZag.iM[ 内容変更]
--
こんにちは。さっそく移転先にリンクしていただきありがとうございました。(その速さにびっくりしました!)

アラバキの記事、とても楽しく拝見しました!
天候も悪くお疲れだったはと思いますが、でもやっぱりyokoさんのエネルギー(情熱・気力・体力)はすごいなあと思う次第です。
なんか見当違いな感想ですみません^_^;
2008-05-14 Wed 01:06 | URL | syonansagamiwan #aIcUnOeo[ 内容変更]
--
syonansagamiwanさん
こんにちは~。お引越し完了おめでとうございます。いつも密度の濃い記事を楽しみにしています。今後ともどうぞよろしくお願いします。
アラバキは楽しかったです・・・が日常に流されもう遠い昔のような気がしてきました。また旅に出たいです。情熱・気力・体力ですか・・・。興味だけで動いているような。体力は特に自信がないので、もうちょと鍛えたいところです。
2008-05-15 Thu 07:00 | URL | yoko #LkZag.iM[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
生命力 出版社/メーカー: キューンレコード 発売日: 2007/10/24 メディア: CD さて、ARABAKIでは1日目に出演したチャットモンチーだが、年度末の精神的に最も余裕のない時期に、ふと聞いたのがセカンドアルバム『生命力』だった。 このアルバムについては、yokoさんもARABAK
2008-05-24 Sat 08:16 Youtaful Days!
| 晴れ、ときどき「田島中毒」。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。