音楽に詳しくもなく、記憶力もなく、ファンとしても新米の部類。単なる中毒者の書く個人的メモです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | | ∧top | under∨
田島中毒への軌跡(2)
2006-01-06 Fri 01:56
田島貴男に夢中になったものの、全くオリジナル・ラヴの曲を知らないのでした。

「オリジナル・ラヴって聴いたことある~?」と友人に質問。
「うん、けっこうよかったよ(過去形)。矢野顕子もカバーしてたよね。」と答え。

「夢を見る人」でした。
矢野顕子のアルバムはこれよりちょっと前の
「GO GIRL」くらいから買わなくなってしまったのだけれど、
この曲はコンサートで聞いたことがありました。
1度しか聞いていないのに、「旅立とう 荷物はいらない」
というフレーズがとても耳に残っていたのでした。

私は日本の音楽はあまり聴かないのですが、
調べてみると2枚だけ田島貴男関連のアルバムを持っていました。


Queen's Fellows: yuming 30th anniversary cover album
ユーミンのトリビュートアルバムですね。
この中では、キリンジの「曇り空」が一番好き。
オリジナル・ラヴの存在にはあまり気づいていませんでした。
「時のないホテル」を歌っています。
聴きなおしてみると、クールでカッコいいっすねー。

もう一枚は、アン・プリヴェ~東京の休暇
画像がないのが残念。
これはもう、これ以上オシャレな音楽はないであろうというくらい、
究極にオシャレでキモチイイアルバム。
クレモンティーヌは何枚か持ってるけど、一番好きです。
田島貴男作曲・編曲は、
 4. ねえ、ラモン
 5. リタがダンスを踊るとき
 9. サントロペで
あの番長が、こんな曲を?!と驚きつつ、オリジナル・ラヴへの期待は高まっていくのでした。
スポンサーサイト
別窓 | 田島中毒への軌跡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<田島中毒への軌跡(3) | 晴れ、ときどき「田島中毒」。 | 田島中毒への軌跡(1)>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 晴れ、ときどき「田島中毒」。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。