音楽に詳しくもなく、記憶力もなく、ファンとしても新米の部類。単なる中毒者の書く個人的メモです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | | ∧top | under∨
2/22 田島貴男(ORIGINAL LOVE) in 鎌倉2013
2013-02-24 Sun 07:14
鎌倉行ってきました。
---------------------------------
春のラブバラッド
バイク
少年とスプーン
ふたりのギター
ショウマン
フィエスタ
大車輪
アポトーシス
神々のチェス
サーディンの缶詰め
明日の神話
なごり雪
プライマル

[アンコール]
接吻
好運なツアー
---------------------------------
(曲順は合ってるかどうか不明)

7時過ぎに始まって、8時50分くらいに終了。


いままで私、正直言って田島さんの「ギター」を聴きたいと思ったことはありませんでした。田島さんのライブに求めていたのは、歌だったり、ぶっとんだパフォーマンスだったり、すごいテンションだったり、立ち姿だったり、笑顔だったり(もちろんそれらの中にギターも含まれるわけだけれど)。けれどこの日は、もっとギター聴きたい、と心から思いました。

ギタリスト田島貴男の誕生か?!とにかく、弾き語りのギターを軽く超えてどこかへ行っちゃってました。
何が違うのか、どんなことをやっているのか全くわからないけれど、アイデアも技術もすごいのだと思う。
まるで違う曲みたいなアレンジ、ってのはいつもあるのだけれど、いつも以上に驚かされました。

そして、鳴ってる音が魅力的。
耳に心地よかったり、びっくりだったり。

ワイゼンボーン(洋ナシ型のギター)は、音の響きがすごく不思議なギター。スライドをするとすごくカントリー調なんだけど、ハーモニクスの音なんてものすごく美しくて、かと思うとリズムを刻むとベースみたいな音が出るし、なんだかすごい楽器ですね。

リゾネーターギターも、前に聴いたときは、見た目同様金属的な音だと思った記憶があるのだけれど、全く違って聴こえました。メロディをひく音がほわんと丸くて、「ショウマン」のイントロとか、うっとりと聞き惚れました。そして、大車輪では鉄の塊みたいなイメージの音。

ギターに衝撃をうけたのでそのことばかり書いちゃってますが、歌はもちろん素敵でした。

曲目も、「神々のチェス」を聴くのは私は初めて。「大車輪」とか「ショウマン」もかなりレア。「ショウマン」いいですね~。この時期は外せない「プライマル」にもうっとり。

衣装は、黒の細身のジャケットと細見のパンツ、白シャツ、アンクルブーツ。これですよ!このスタイルが好き。ステキ。ジャケットは初めはボタン3つともしめていたけれど、窮屈になったのか、途中からあけてました。髪は伸びてきているのをなでつけて。(弾き語りなので崩れず)

MCもいつもより曲にからめてかなり丁寧。以下、行かれた方、間違ってたらご指摘いただけると嬉しいです。(私の想像もまじっちゃってるかも)

・(春のラブバラッドの後に)暖かいと思っていたらまた寒さがもどりまして、最近寒いですね。でもこの会場は春です。ということで春の曲をやりました。

・ニューアルバムのレコーディングをずっとやってまして、プライベートスタジオにこもって作業をしていて、久しぶりに世間に出てきました。好きなバイクにもなかなか載れなくて。「バイク」という曲をやります。

・小学校1年から6年までこの近くに、横浜の金沢八景から駅一つの六浦というところに住んでました。駅から坂を登って行ったできたばかりの新興住宅地で、家なんて自分のうちしかなくて、周りに友達がいないもんだから、壁に向かってボール投げたりしてましたね。そしたら誘ってもらって、ピッチャーをやったら、剛速球だったんですね。オレは才能あるのか、と思ったりして、当時横浜市は小学生は上投げ禁止だったんだけど、禁止じゃなかったら今頃僕はこんなとこにはいません。その頃のことをかいた曲「少年とスプーン」聴いてください。

・初めてギターにを弾いたのは、紙のギターで、学芸会でダウンタウンブギウギバンドをやりました。

・ギターを始めて2年くらいは毎日8時間くらいギターを練習してました。そのあとは全然練習してなかったんだけど、最近、アラフォーもすぎてアラ中?アラ越え?をしたら、またギター少年に戻ってすごく弾いてます。去年は今までで一番ギターを買いました。

・ワイゼンボーンは100年くらい前にハワイとかアメリカのカントリーとかでよく使われていたギター。ネックまで空洞になってる。去年の鎌倉では本当に80年前のリゾネーターギターを弾いて、おじいちゃんのギターなんて言ってたけど、それよりも古いですからね。ひいおじいちゃんのギターですね。ロックンロールはまだ50~60年だから、まだまだ新しい音楽ですね。

・(チューニングをしながら)鎌倉には海水浴に来たり、よく釣りをしたりしてました。江の島で僕はアイナメとか釣ってたんだけど、おとな達はでっかい魚つってましたね。しゃべりながらだと、チューニングできない(話を中断。チューニング。完了)なんで魚の話をしたかというと、次が魚の歌だからです。(開場の客「?」)「サーディンの缶詰め」。魚に関係あるかどうかは…。

・渋谷駅の井の頭線への通路に、岡本太郎さんの「明日の神話」がありますけど、あの絵がメキシコで発見されて、それを日本へ持ってくる、というのに僕もかかわらせていただいていたんですけど、そのころ岡本敏子さんとときどき飲んだりして、僕は太郎さんが好きというよりもむしろ敏子さんが好きで、敏子さんから見た太郎さんが好き、というか、そういう気持ちで作った曲です。(明日の神話)

・もう中盤ですが、今日は「春と旅」という裏テーマでやってきました。秘密なんですけどね。僕の中ではそう思って。春のカバーソングをやります。(なごり雪)

・ニューアルバムは今日演奏しているような音楽とは全く違ったアルバムになってます。今日弾き語りをやってる田島貴男とオリジナルラブの田島貴男は別人です!ニューアルバムは10代や20代のようなヤングマンな気持ちで。(会場「ヤングマン」に爆笑)ヤングマンって言葉がもう古いけど。部分的にもうね、最高傑作ですから!期待してください。(会場「部分的」にツッコミ笑)部分的ってのは謙遜で、全部傑作です!

楽しかったです。弾き語りツアーの内容は未定のようですが、そちらも楽しみになってきました。
スポンサーサイト
別窓 | ライブ | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<【ネタバレ】3/16 「田島貴男 弾き語りツアー」梅田クラブクアトロ | 晴れ、ときどき「田島中毒」。 | 2012秋~2013冬>>
コメント
-ショウマン!-
お久しぶりです。ツアー地から外され続けている逆恨み?からブログの更新もすっかり等閑となってしまいましたが(Facebookに興味が移ったのもあるのですが)、ふと「そういえば鎌倉でライヴをやっていたっけ?」と思い出し、セットリストを探し、やはりここにたどり着きました。

なんといっても「ショウマン」が驚きです。「ムーンストーン」ツアー以来じゃないか(ということは10年ぶり?)というのもありますが、それよりもこの曲は元々田島がピアノだけで作曲した初めての曲だから、というのがあります。鍵盤がなければ演奏しない曲だと思い込んでいたのです。原曲のよさを壊さずにギター曲へのアレンジは、本当に聞いてみてかたったです。

それから「アポトーシス」。これこそ、「ビッグクランチ」ツアー以来だと思います。レクイエムという意味では、田島にとって特別な1曲だと思いますので、どういう心境があったのかが気になります。「神々のチェス」との繋がりも興味深いです。

「少年とスプーン」の舞台が、神奈川県というのも、意外でした。六浦に住んでいる、という情報もはじめてですね。以前、田島が中学時代を過ごしたという芦屋へ行ったことがあるのですが、ここが山に接した坂の町だったので、「スプーン」の舞台もこの芦屋だと思い込んでいただけに、イメージが大きく変わります。東京にいたなら、明日にでも六浦へ行ってみるのですけどね(笑)。


たまに日記を見る限りでは、次のアルバムはニューウエイヴ寄りの作品になることが予想されますが、そうなると「インソムニア」を復活させるのではないかと思っていたら、同じ『L』からの「大車輪」でしたね。この曲は98~00年ごろのツアーでは定番的な1曲で、ライヴの方が曲のダイナミズムが発揮される曲だったので、この日の演奏もさぞや盛り上がったことでしょう。

「なごり雪」~「プライマル」の繋がりもいいですね。これはこの日だけのスペシャルでしょう。

詳細なレポ、ありがとうございました。
2013-02-24 Sun 09:34 | URL | keyillusion #9L.cY0cg[ 内容変更]
-驚き!-
とても詳しいレポありがとうございます!
こういう書き方は何ですが、ここまで絶賛されるライブになるとは意外でした。
長い付き合いなので何となくわかった気になっていましたが、ダメですね。田島を見くびっていた自分を反省しています。
と、同時に、弾き語りツアーへの期待はかなり高まってきました。本当に楽しみですね。
2013-02-28 Thu 02:00 | URL | ぽかり #A37h.9GM[ 内容変更]
--
コメントいただいたままになっていてすみません。

>keyillusionさま
お久しぶりです。夏のツアーも復活ならずでしたね…。残念です。最近の田島さんをkeyillusionにぜひ聴いていただきたいのですが。

「アポトーシス」は、数年前の葉山、池上本門寺で2日連続で弾き語りをやったんです。あの時は、コード進行がやたらと難しそうと思ったのですが(それだけぎこちなかった)、今回は落ち着いて聴けました。「神々のチェス」はone hundred years→ワイゼンボーンつながりかと思いますが、実はもっと深い意味があるのかしら。「大車輪」は圧倒されました。着席だと、気持ちの盛り上がりをダイレクトに演奏者へ伝えられないもどかしさが少しありました。

>ぽかりさま
そうですね。いまいち意図がよくわからなかった弾き語りツアーへの期待も高まります。ニューアルバムのエレクトリックな曲も弾き語りでやるらしいし、またまた予想を裏切ってくれるんじゃないでしょうか。楽しみです。
2013-03-05 Tue 07:38 | URL | yoko #LkZag.iM[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 晴れ、ときどき「田島中毒」。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。